2006年06月15日

まだ、守るものはない

 やっぱり。

メディアしかり、私の周りしかり、ジーコの采配を振り返りいろいろ言われていますね。正直、虚しさだけが残ります。今、振返るよりもこれからのことをことを考えたほうがいいと思うのですが。

 私の好きなスポーツライターの金子達仁さんがブログで書いていたんですが

”ジーコの采配については、ワールドカップが始まる前からすでにわかっていたこと。それよりも選手のコンディションの悪さが最大の敗因”

 ホントに私も同じ意見です。
 
 それよりもよく考えて見てください。
私たちは、日本が勝つことを応援しているんでしょうか?
それとも、日本代表を応援しているんでしょうか?

 日本は、まだまだ弱小チームです。南米予選や欧州予選にもしでていれば果たしてワールドカップに出場できたのでしょうか。
まだ、ワールドカップ予選を勝ち抜いて出場したのは二回目なんです。何も守るものはないはずです。次のクロアチア戦には、力を出し切ってほしいです。
 シザーケース無料カタログ請求

posted by 広報 M at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。